埼玉県日高市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

【巨大台風19号が通過した増水の傷跡】川のある暮らし

高麗川の水位もずいぶん下がり、昨日と打って変わって、晴天。「昨日の天気は、なんだったのだろう・・・?」。昨日のことと今日のこと、どっちかが、嘘なんじゃないかと思ってしまうような不思議な感覚がします。

先週まで、曼珠沙華で赤く染まっていた巾着田も、広い範囲で、水を被ったようでした。倒れた曼珠沙華の茎を見て、その風景の変化が、やはり不思議な感覚でした。

今回の台風で被災された方々のことを考えながら、もしかしたら、自分だったかもしれないと、日常のありがたさを切に感じる日曜日です。

台風の増水で水に浸かった巾着田の曼珠沙華 群生地

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

12月の refactory_antiques「暮らし相談デスク」は「ギフト&ご褒美」がテーマ

12月の refactory_antiques「暮らし相談デスク」は「ギフト&ご褒美」がテーマの画像

12月の refactory_antiques「暮らし相談デスク」は「ギフト&ご褒美」がテーマ

今年も残すところ、あと数週間。コロナも一段落して、クリスマスにお正月と、久しぶりにゆっくりと家族や友人で集うことができそうな、暖かな師走になりそうです。次回のrefactory_antiques「暮らし相談デスク」は12/9(土)。「ギフト&ご褒美」をテーマに、一年間頑張ってきた自分自身へのご褒美や、お世話になった人々について、ふり返ったりするいい機会になればと考えています。

暮らし相談デスク 11/11(土)『暖のつどい』

暮らし相談デスク 11/11(土)『暖のつどい』の画像

暮らし相談デスク 11/11(土)『暖のつどい』

竈(かまど)や囲炉裏(いろり)、火鉢に行灯、昔から暮らしの中心には、いつも火がありました。時代が変化しても、私たちは火に魅せられ、安心し、惹かれ続けています。脈々と続いてきた「火」との関係性は、野外に出かけなくても、暮らしに取り入れることは可能なのではないでしょうか。薪ストーブやペレットストーブ、囲炉裏などによって、現代の暮らしあった火を囲む暮らしをご提案できたらと思います。

木造平屋の古民家に薪ストーブを設置する

木造平屋の古民家に薪ストーブを設置するの画像

木造平屋の古民家に薪ストーブを設置する

春日部市の古民家リノベーションの現場です。建築の工事は既に終了していて、今日は、リノベーションした玄関ホール部分に薪ストーブの取付作業がありました。夕方、現場に到着すると、母屋と増築2階建て部分の間の想定した位置から、煙突が伸びていました。