一年中楽しめる「エゴノキ」を庭に植える

一年中楽しめる「エゴノキ」を庭に植える

庭の「エゴノキ」が芽吹いてきました。まだ3月なので、やっぱり、例年よりかなり早い気がします。武蔵野の雑木として、よく見る樹木で、5月ごろ、木全体を真っ白にする小さな花が印象的です。

花もいいのですが、わたしは、今の時期の若葉が空に向かって芽吹いた姿が一番好きです。

秋になるとたくさんの実をつけますが、その実を採りにヤマガラがやってきます。果実は毒性(サニポン)があるのですが、ヤマガラはその種を好んで食べます。冬の寂しい庭にオレンジ色のヤマガラが枝先を飛び回る姿は鮮やかで、一年を通して楽しめる樹木だと思います。

樹皮も剥けにくい特徴があるので、枝を使った家具や小物も可愛いです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top