埼玉県東松山市の木造新築デイサービス施設のデザイン

【足場が外れました】東松山市の木造新築デイサービスの現場

若々しくて華やかな老人福祉施設

埼玉県東松山市の木造新築デイサービス施設の現場です。工事の終了まで残すところあと1ヶ月になりました。昨日、建物の屋根や外壁の工事が終了して、建物を囲っていた外部の足場がなくなりました。北側の道路から見ると、雑木林の林冠と青空をバックに、白さが眩しい建物になりました。老人福祉施設ですが、若々しくて華やかな雰囲気です。

40mのグリーンベルトで有機的に

道路面から地盤が70㎝程度立ち上がっていて、道路と建物の間は約1.8m開いていて植栽のスペースになる予定です。道路に面した部分が約40mありますので、かなり長いグリーンのベルトになるはずです。植物の成長する数年後には、白い建物を背景にグリーンが映えて、無機質な幹線道路の中で、オアシスのようなゾーンになるような気がします。

施設と地域を繋げる仕掛け

建物中央の窪み部分には、より広いグリーンスペースがあって、建物の軒もありませんので、数本の中木を植樹してもいいかもしれません。この場所には、大きな開口部が2つあって、施設の活動の様子を通りから眺めることができます。枝葉越しに見える室内やその向こうの明るい南側の庭などが、地域と施設の境界を和らげ、繋がりを誘因します。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top