【家づくりの現場】平屋の瓦葺きの様子

【家づくりの現場】平屋の瓦葺きの様子

入間市野田の新築住宅の現場です。木造平家建ての住宅なので、屋根面がよく見え、使用する日本瓦がより印象的な家になりますです。
金属屋根の場合は、屋根工事は板金屋さんの仕事になりますが、今回は瓦屋さんの登場です。瓦屋さんが現場に入る前に瓦を引っ掛けて固定するための瓦桟(かわらざん)を等間隔に工程が入るのも、瓦特有の作業になります。
使用する瓦は、三州瓦の「いぶし銀」。
瓦はズレたり、落ちたりする印象がありますが、現在では、ステンレスのビスや釘、針金での固定が基本です。大地震の度に、瓦の業界団体で作成した、「瓦の葺き方のガイドライン」が、強化されてきました。現在の施工方法では十分な安全性が確立されていると思います。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top