屋根の張り替え(カラー鉄板からガルバニウム鋼板へ)

アトリエのカラー鉄板屋根をガルバニウム鋼板で張り替え(カバー工法)

独楽蔵のアトリエは現在の建物が完成してから約30年が経過しています。数年前から屋根の錆が気になっていました。当時はまだ、カラー鉄板が一般的だったので、独楽蔵の屋根はカラー鉄板(トタン)でできています。見た目は、最近、一般的になったガルバニウム鋼板とあまり違いはありませんが、カラー鉄板は、その名の通り、鉄でできていますので、錆が出てきます。独楽蔵でもよく屋根材として使用するガルバニウム鋼板は、アルミと亜鉛の合金なので、錆びることなく耐久性に優れているので、メンテナンスの必要もあまりありません。

カラー鉄板の屋根をガルバニウム鋼板へ

特にボクシングジム上部のR屋根の錆がひどいので、そのカラー鉄板の屋根を修繕することにしました。修繕で一番、オーソドックスでリーズナブルな方法は、塗装の塗り直しをすること。最近の塗料は、耐久性も優れていたり、遮熱性が優れていたりと付加価値のあることも特徴です。しかし、将来的には再度、塗り直しが発生する可能性もあります。

ペンキの塗り替えも検討しましたが、今回はガルバニウム鋼板で屋根を張り替えることにしました。現状のカラー鉄板の屋根を剥がずに上に重ねる「カバー工法」という施工方法です。既存の屋根を解体するコストや労力がいらない便利な方法です。

一見すると張り終わった後、以前の屋根との違いがあまりわからないのが、ちょっと残念な気もしてきます。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top