古民家リノベーションのための現場調査(飯能市)

古民家リノベーションのための現場調査(飯能市)

先日は飯能市吾野に古民家のリノベーションのための「現調」に行ってきました。「現調」とは現場の調査のこと。計画の際にも、既存の間取り、高さ関係、構造や劣化などを「現調」しますが、今回は図面はすでに完成していますので、工事見積もりをつくるための施工業者さんのための「現調」です。

当日、現場には、監督さん、解体屋さん、建具屋さん、板金屋さん、電気屋さん、設備屋さん、左官屋さん。想像よりも大勢の職人さんが集まっていて、お客さんもちょっとびっくりされたようです。

以前から気になっていた電気や排水のことなども、職人さんにみてもらうことで、解決できて安心されたこともあったようです。

図面や工事についての疑問点や見積もりの範囲を確認して、終了です。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top