【経師屋(きょうじや)さんの仕事】設計事務所の家づくり(入間市)

【経師屋(きょうじや)さんの仕事】設計事務所の家づくり

経師屋(きょうじや)さんとは、襖、障子張りや、掛軸・屏風・額等のお仕立て・お直しをする職人さん。『表具屋』さんともいわれたりします。

入間市の住宅の現場では、先日、『経師屋(きょうじや)』さんの作業がありました。場所は和室の床の間部分。この八畳の和室は、部屋の北側に(南向き)にお仏壇や神棚、押入があるので、奥行き300mmのコンパクトな床の間を東向きに設けました。床の間部分の仕上げは和紙張り。下がり壁の部分も、利休色(緑)の絹織物のふすま紙です。

繊細な作業なので、使わせている道具もとってもキレイですね。
和室の壁は塗り壁(京壁)ですが、まだ、乾いていないので斑になって見えています。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP