【古民家の大規模リノベーションの現場】古い材料を生かす

【古民家の大規模リノベーションの現場】古い材料を生かす

所沢市の築30年の木造日本家屋の大規模リノベーションの現場です。現在、サッシの取り付けや外壁の下地工事は終了しました。現場では大工さんが室内ドアやサッシの木枠などの加工、取り付け作業を行っています。内壁の下地ボードも随分張られて、室内の雰囲気もだいぶわかりやすくなってきました。

薪ストーブを設置するための煙突の経路も完成しています。

古い家の古材をリノベーションで活用する

元々、この住宅の客間や座敷では、床板や棚などや、欄間、障子などの古建具に、ケヤキやヒノキなどの立派な無垢材が使われていたので、建物の解体の際に、使えそうな材料は、屋敷内の車庫の中に保管してありました。

寸法を確認して、飾り棚の床板、カウンターの天端、寝室の欄間など、新しい家でも、材料を活用しようと考えています。無垢材の蘇る姿が楽しみです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top