埼玉県所沢市の住宅改修(リフォーム)デザイン

築35年入母屋の日本家屋を現代の住宅にリノベーション

古い木立の枝が覆いかぶさって、影をつくり、トンネルのような小径。周囲とは温度も違いますし、違う世界に行ってしまうような気さえしてしまいます。そんな小路を通り抜けると雑木林の中に、突然、入母屋の立派な日本家屋が現れます。施主のNさんは、この家の近くにある神社の宮司さんです。現在ある敷地に先祖代々住み続けて約800年になるそうです。

家の建っている場所は周囲より少し小高くなっていて、時より気持ちのいい風が吹き抜けます。先人がいい場所を探してここに場所を決めたのだろうと、自然に納得してしまいます。現在の家は、先代のお父さんが35年前に建てた日本家屋。今は住む人はいない状態でしたが、社務所のような役割で使われていました。今回はその住宅を現代の家族の暮らしにあった住宅に大規模リノベーション(改修)する計画です。

目 次(クリックすると開きます)

陽当たりや風通しのいい場所をリビングにする

元々は、家で一番、日当たりがよく快適な場所に、広縁と和室(客間)の続き間が配置されている伝統的な日本家屋の間取りでした。今回の計画では、その場所を家族のスペースとしてのLDKを配置するために階段や台所も大きく移動して組み替えます。

写真は元々あった住宅です。昔の家は客人を一番いい場所にお通しするために、家の中で一番居心地のいい場所が、「和室の続き間&広縁」(お客様のスペース)になっています。この場所の木製建具や下がり壁を取り除いて、リビングを作っていきます。

祖霊舎をリビングの中心に

祖霊舎とは、先祖や故人の御霊が宿っている霊璽(御霊代)を祀っている祭壇のことです。仏教の仏壇にあたるものが、神道では神徒壇(祖霊舎)とされています。以前の家には、寝室部分に造り付けの祖霊舎がありましたが、今回のリノベーションに伴って、家の中心のリビングに移設をしました。(祖霊舎リペア&移設の様子はこちら

家の記憶を残す

以前の家で印象的だったのは、広縁に架かった立派な丸桁(丸太材をつかった化粧桁のこと)と化粧垂木の美しい板張り斜め天井です。今回の改造で、リビングの一部になるため、家の記憶を残す意匠としてそのまま生かして再利用することになりました。

薪ストーブはリビングの中心に向かって配置

リフォームやリノベーションの際に、薪ストーブの設置位置を考えるときは、新築に比べてより、既存の屋根の位置が重要になってきます。屋根をなるべく傷めることなく、煙突が真っ直ぐに上がるように取り合いを考えながら、設置場所を決めていきます。もちろん、一番重要なのはリビングの中でどういう位置にあるべきか考えることです。炎の様子がキレイに見えて、家族が火を囲むことが出来るように考えます。今回はリビングの中心に向かって、ストーブ本体を45°振って角度を付けています。

今回は薪ストーブの脇に、異形鉄筋で組み立てた縦型の薪棚も設置しました。薪棚にキレイに積んだ薪の姿も楽しむことが出来ます。南側の掃きだしの開口部のそばで、薪の搬入のしやすさも、もちろん考慮してあります。

リビングに夫婦それぞれのデスクワークスペースを

続き間の和室の外側、東側に配置されていた広縁は、リビングの一角を利用したデスクスペースに生まれ変わりました。夫婦それぞれが別々に使用できるように2箇所作ってあります。(耐震壁として必要な壁を2つのスペースの間仕切りとして利用しました)ワークスペースの壁は、杉板(無節)の目透かし張り。壁にいろいろな資料や絵画などを簡単に貼り付けられるようになっている「使うための壁」です。

以前の家の玄関ホール&廊下。廊下から見た和室、書斎の様子です。

廊下&階段をキッチンに改造

キッチンは、元々、廊下だった部分を改造してつくりました。リビング南側の開口部からずいぶん家の内側に入った場所にあります。明るさと通風を確保するためにガラススクリーンで階段から光と風を取り入れました。

新しく移動した階段から、北側の光が階下に降り注ぎます。

以前の家の古材を再利用する

以前の住宅は和風の立派な家でした。使われていた木材も無垢材のいい材料でしたし、お客さんも思い出深い材料でしたので、再利用できるモノはなるべく新しい家にも使うように考えました。ケヤキの敷居や框、違い棚の古材は、キッチンカウンターの笠木や造り付けデスクの見切り材として再利用。塗装で少し濡れ色に仕上げると木目がキレイに浮かび上がります。

ペット(犬)のスペースはタイルの窪み

ワンちゃんのスペースは、床、壁とも300mm角のタイル張り。汚れや匂いが付きにくく、掃除が簡単になるように仕上げました。リビングの窪みを利用して、ワンちゃんが好きな洞穴の様な雰囲気を作っています。上部にはペット用品が仕舞える吊り戸棚も完備。

新しい玄関ポーチ

リノベーション後の外観

玄関の天井は以前のままの格天井

WORKS:築35年の和室を寝室にリフォーム(この家の寝室部分のリフォームの様子はこちら)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
WORKS TOP

関連リンク(クリックすると開きます)

関連ブログ:【玄関ポーチ、軒下の投げ入れ】所沢市住宅の改修 2022/01/10
関連ブログ:「和室(8畳)+広縁」を新しい寝室にリフォーム 2021/12/02
関連ブログ:【ヨツールの薪ストーブ】所沢の住宅リフォームの現場 2021/11/29
関連ブログ:【以前の家の古材を再利用する】リノベーションの家づくり 2021/11/18
関連ブログ:【所沢の住宅のリノベーション】「祖霊舎」も一緒にリノベーション 2021/10/10
関連ブログ:古民家リノベーションは元々の家のシルエットを残すように 2021/10/06
関連ブログ:【古民家の大規模リノベーションの現場】古い材料を生かす 2021/09/12
関連ブログ:民家のリノベーション:床のフローリング選び(所沢市)2021/08/24
関連ブログ:日本家屋リノベーションの現場(所沢)屋根を抜いて階段の位置を変える 2021/08/08
関連ブログ:【民家のリノベーションの現場(所沢市)】床の下地&薪ストーブの機種選定 2021/07/26
関連ブログ:古民家改修(リノベーション)現場で電気の打ち合わせ(所沢市)2021/07/12
関連ブログ:【民家のリノベーション】サッシの取り替え 2021/06/18
関連ブログ:【民家のリノベーション】基礎コンクリート部分の改修 2021/06/18
関連ブログ:入母屋の日本家屋のリノベーション工事が始まりました。(所沢市)2021/06/09
関連ブログ:古民家リノベーションの地鎮祭(所沢市)「梅の実」2021/05/31