民家のリノベーション:床のフローリング選び(所沢市)

民家のリノベーション:床のフローリング選び(所沢市)

所沢の民家のリノベーションの現場です。元々、和室(客間)の続き間と幅1200mmの広縁スペースだった部分を新しいリビングに改造しています。

床と天井の下地が出来上がって部屋らしくなってきました。広縁部分で存在感があった一本モノの丸桁(まるげた)と美しい化粧垂木の勾配天井は、残してアラワシにする計画です。今日の打ち合わせは1階部分の裏方や2階部分の床フローリングの選定です。リビングと玄関部分は、すでにオーク材の無垢フローリングを使用することがけっていしていましたが、その他は、メンテナンスやコストを考慮して、パネル状のフローリングを選ぶことになっていました。

パネルといっても、表面は本物の突き板(薄い板)なので、高級感があります。「見た目は遜色ないですが、踏んでみるとリビングのオーク材とは硬さや厚みの違いを感じますよ。」とアドバイスをして実際に感触を確かめてもらいました。

外部は広縁部分の下屋根に薪ストーブ用の穴が開きました。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top