埼玉県所沢市の木造中古住宅のリフォーム デザイン

「和室(8畳)+広縁」を新しい寝室にリフォーム

所沢市の住宅のリフォームです。元々、真壁で長押のついた8畳の和室とその南側にある広縁スペースでしたが、寝室にリフォームすることになりました。

ご夫婦のベットを置くために床は畳からオークのフローリングに張り換えました。押入や入り口の木枠はそのまま使用しながら、木製建具は新しく造り替えました。柱や長押、シックイ壁(一部)は、そのまま残して、以前の部屋の記憶も残る和洋折衷の部屋になりました。

何処となくクラシックホテルの雰囲気を感じる落ち着いた和室に仕上がりました。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top