瓦屋根が完成 【住宅の新築工事の現場(入間市)】

瓦屋根が完成 【住宅の新築工事の現場(入間市)】

入間市の新築住宅の現場です。屋根の瓦が葺き上がりました。平屋の建物なので、瓦の屋根がよく見えます。

棟(むね)瓦は、一番シンプルな素丸(すまる)瓦・素熨斗(すのし)瓦で納めています。

一般によく使われているのは、紐丸瓦。紐丸瓦は「重ねしろ」の部分が帯状に盛り上がった形状の瓦で、雨仕舞いや施工性がいいという特徴があります。

かたや、今回使用した素丸(すまる)瓦は、帯がなく、全体に繋がって見えますので、ちょっとでも曲がっていると目立ってしまいます・・・。

シンプルな材料は、一見、簡単で単純そうに見えますが、逆に、難しくて精度が必要なので、手間のかかることが多いです。これは、他のデザインでも言えることですね。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top