【スピードバンプ(減速帯)をつくる】設計事務所のアトリエ

【スピードバンプ(減速帯)をつくる】設計事務所のアトリエ

スピードバンプ(減速帯)とは、通行する車両の減速を促すために、道路上に起伏や段差をつけたものです。

プラスチックやゴムで、段差を作ったモノが多いですが、中には溝を調整してメロディが流れる道路もありますよね。

アトリエの敷地内通路にも、入り口の部分に減速帯があります。黄色いプラスチックやゴムは雰囲気に合わないので、玉石をコンクリートに埋め込んであります。さすがに石なので、30年経過しても壊れません。頑丈です。

スピードを落として進入しないと、チャボをひいてしまうかもしれません。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top