門廻り&庭の改修工事の計画(狭山市)

門廻りの改修工事の計画(狭山市)

今回は、建物ではなく、狭山市でお庭と外構のお仕事です。住宅の門や塀、アプローチ部分の改造工事が始まりました。まずは、既存の塀や門扉の撤去、植物の移動&撤去です。庭の部分は道路から、500mm程度上がっているために、門扉廻りは、土を取り除いて、道路面に高さを合わせる予定です。

また、前面道路が4m程度で敷地や庭に対して狭いので、門の部分をセットバックして、寄りつきスペースをつくります。門が下がることで、道路部分の見通しもよくなりますし、隣接した駐車スペースの出入りも楽になります。門廻りの新規の塀は、少し高目にして、庭のプライバシーの確保も目指します。

既存の塀が解体されただけで、すでに風景が変わって見えるから不思議です。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top