【築30年の住宅のリフォーム(埼玉県坂戸市)】設計事務所の家づくり

【築30年の住宅のリフォーム(埼玉県坂戸市)】設計事務所の家づくり

築30年の住宅のリフォーム現場です。2階リビングの舟形天井に穴が開きました。下から覗くとトップライトからの光のように空が見えます。

薪ストーブの煙突の煙道をつくるための穴です。ストーブ屋さんと煙突の位置を正確に決めて、真っ直ぐに伸びるように穴を開けました。穴から30年前の小屋裏も覗いてみましたが、キレイな状態を保っていたので安心しました。

なるべく真っ直ぐなほうが、ドラフト(上昇気流)が起こりやすくて、燃焼しやすいですし、煙突も汚れません。リフォームで後から煙突を通す場合は、屋根には、雨漏りを防止するためにBOX状の立ち上がりをつくります。煙突自体の強度もあがりますから・・・。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP