2019年11月の記事一覧

2019年11月の記事一覧

【3時のおやつ】フレンド認定こども園(完成から1年半)

【3時のおやつ】フレンド認定こども園(完成から1年半)の画像

【3時のおやつ】フレンド認定こども園(完成から1年半)

久しぶりに埼玉県日高市の『フレンドこども園』にお邪魔しました。ちょうど、お昼寝後の3時のおやつの時間でした。山の木々や空気は、もう秋色です。風のない、日差しでポカポカの2階の通路に、机と椅子を出して、こどもたちがおやつをたべていました・・・。

【祇園スクエアの1Fにイタリアンがオープンします】店舗デザイン

【祇園スクエアの1Fにイタリアンがオープンします】店舗デザインの画像

【祇園スクエアの1Fにイタリアンがオープンします】

西武新宿線狭山市駅の東口、狭山市祇園のテナントビル(木造だけど・・・)『祇園スクエア』の1階のイタリアンの内装工事が終了。これから、開店の準備をして、12月上旬頃にオープンの予定だそうです。

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみる

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみるの画像

【冷蔵庫の消費電力について】住宅の省エネについて考えてみる

オール電化の家は、エネルギー源が100%電力ですが、家庭で使うエネルギー源の割合は、電力が約50%、ガスが約30%、灯油約19%です。この比率は、20年くらい大きく変化していません。結構、意外です。エネルギー源の中で大きな割合を占める電力ですが、その内訳の中で、一番電気使用量が大きいのが、『冷蔵庫』と『照明器具』です。『冷蔵庫』というのも、これまた意外。確かに365日ずーっと電気をつけっぱなしですね・・・。

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれ

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれの画像

【陰で風を感じる】ロールカーテンあれこれ

今日はすっきりしたいい天気になりました。ロールカーテンに映る木々の陰が揺れて、光が不規則に動くので、ロールカーテンを閉めずに、庭が見えているときよりも、心地よい風を感じるから不思議です。

シティホール飯能(セレモニーホール)

シティホール飯能(セレモニーホール)の画像

シティホール飯能(セレモニーホール)

JR八高線 東飯能駅東口から徒歩7分。飯能市役所からもほど近い、飯能市双柳のホテル「マロウドイン飯能」の南側に、セレモニーホール『シティホール飯能』があります。最大35人程度の家族葬をメインにした小規

『音楽を聴きながら瞑想する猿』時代は繰り返す

『音楽を聴きながら瞑想する猿』時代は繰り返すの画像

『音楽を聴きながら瞑想する猿』時代は繰り返す

初代ウォークマンが発売されたのは、今から40年前の1979年だそうです。当時の僕は小学校4年生くらい。その頃だったか、もう中学生になっていたのか、記憶があいまいですが、放課後、遊びにいった友だちの部屋で、そのウォークマンに初めて遭遇しました。

小室クリニック(埼玉県飯能市)イラスト計画案

小室クリニック(埼玉県飯能市)イラスト計画案の画像

小室クリニック(埼玉県飯能市)イラスト計画案

クリニックの新築計画にあたっては、建物のプランと共に、飯能市のメインストリート『飯能中央通り』沿いに、約50mのグリーンの緑樹帯を設けて、クリニックに訪れる患者さんのみならず、市民の方々のオアシスになるように考えました。

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座の画像

【登録有形文化財(建造物)の活用ついて】ヘリテイジマネージャー養成講座

「国宝」や「重要文化財」は、国が「指定」している文化財。間違えやすいトコロなのですが、この「登録」と「指定」には大きな違いがあります。登録有形文化財(建造物)は、単に文化庁に登録してあるだけなので、建物の窓を変えたり、看板をつけたり、用途を変えて活用すること割と自由にすることができるのです。

【建築やデザインは何と融合するか?】ハファエル・マルチニを聴いて

【建築やデザインは何と融合するか?】ハファエル・マルチニを聴いての画像

【建築やデザインは何と融合するか?】ハファエル・マルチニを聴いて

音楽以外でも、ファッションも美術もエンターテメントも、そして、地域や国も・・・、様々な分野で垣根がなくなっていますね・・・・。そういえば最近、気になるモノや魅力的に感じることは、アルメニア、アイスランド、ブラジル、キューバなど非英語圏から発信されることが多いようにも感じます。

【大分県 長湯温泉 丘の上の家&長湯鍼灸院】のイラスト計画案

【大分県 長湯温泉 丘の上の家&長湯鍼灸院】のイラスト計画案の画像

【大分県 長湯温泉 丘の上の家&長湯鍼灸院】のイラスト計画案

建物が丘の上に「ぽつんと一軒」あって、芹川沿いに走る県道から北側の立面がよく見えるので、孤立した一つの小さな塊というよりは、小さな小屋の群像形によって、集落のようにみえるようなデザインにしました。よって、水平的に広がりのある配置計画になっています。

敷地の高低差を利用した増改築

敷地の高低差を利用した増改築の画像

敷地の高低差を利用した増改築

既存の混構造住宅をリノベーション改造前&工事中の住宅(画像をクリックすると新しい家の姿が)高低差のある崖に建つ既存の住宅は、地下部分が地盤の擁壁を兼ねて、鉄筋コンクリート製。その上に木造の平屋が載って

【重要文化財:平山家住宅(熊谷市)】ヘリテージマネージャーの養成講座、第2回目

【重要文化財:平山家住宅(熊谷市)】ヘリテージマネージャーの養成講座、第2回目の画像

【重要文化財:平山家住宅(熊谷市)】ヘリテージマネージャーの養成講座、第2回目

専門家のための歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテージマネージャー)の養成講座、第2回目は、熊谷市の平山家住宅で、実測・調査&座学です。