google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

納戸だった部屋をリビングに・・・(民家の改造)

納戸だった部屋をリビングに・・・(民家の改造)

昔の日本家屋でよく見かける、太くて厚い梁のような鴨居を差鴨居(さしがもい)といいます。とっても立派で、存在感のある部材ですが、昔の寸法で作ってあるので、床から鴨居下端までの寸法が1760mmしかなくて、さらに曲がって、大概、水平が取れていないのが、玉にキズ・・・。

リビングのメインの開口部としては、ちょっと高さが低いんです。取り除いてしまうのも勿体ないですし、家の強度も落ちてしまうので、頭を悩ましていました。大工さんに相談したところ「やってみるかなぁ〜」といって、差鴨居の下の部分を数センチ水平に切り落としてくれました。建具の溝もキレイに入っています。

引き渡し後、この家にお邪魔する度に見て、思い出します。切れ味の良さに惚れ惚れ。古材のこげ茶の側面と、下端の白木のコントラストが美しいです。

やっぱ、大工さんはすごいなぁ〜。