埼玉県飯能市/入間市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【納戸だった部屋をリビングにリノベーション】(古民家の改造)

飯能市名栗地区にある築150年のこの家は、代々、林業や養蚕を営んできた家系で、飯能市の山里に根づき、先祖代々暮らしてきた愛着のある家です。家族の思いを受けての、改修(リノベーション)の計画です。この家の新しいリビングは、元々、納屋だった場所を改造して、居住スペースに作り直しました。

昔の日本家屋でよく見かける、太くて厚い梁のような鴨居を差鴨居(さしがもい)といいます。とっても立派で、存在感のある部材ですが、昔の寸法で作ってあるので、床から鴨居下端までの高さが1760mmしかありません。しかも、古材は、さらに曲がって、まったく水平が取れていませんでした。

差鴨居(さしがもい)の下端を切り取る

この部分をリビングのメインの開口部として考えましたが、掃き出しの開口部にするには、ちょっと高さが低いんです。差鴨居(さしがもい)を取り除いてしまうのも勿体ないですし、家を残す意味も半減してしまいます。そして、家の耐震性も落ちてしまうので、頭を悩ましていました。大工さんに相談したところ「やってみるかなぁ〜」といって、差鴨居の下の部分を数センチ水平に切り落としてくれました。建具の溝もキレイに入っています。

引き渡し後、この家にお邪魔する度に見て、思い出します。切れ味の良さに惚れ惚れ。古材のこげ茶の側面と、下端の白木のコントラストが美しいです。やっぱ、大工さんはすごいなぁ〜。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、さまざまなご要望の新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

完成したこの家の様子はこちら↓
WORKS:【築150年の古民家のリノベーション】 埼玉の設計事務所の家づくり(埼玉県飯能市名栗)

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。の画像

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。

「シティホール飯能」さんの2周年記念祭にお邪魔しました。建物は家族葬を中心に考えたセレモニーホールです。当日は、お客さんの対応でお忙しい中、スタッフの皆さんに建物の使い勝手を尋ねてみたり、今までに使用されたお客さんの反応などをお伺いしました。

【13年前にデザイン&製作したポストの現在】埼玉の設計事務所家づくり

【13年前にデザイン&製作したポストの現在】埼玉の設計事務所家づくりの画像

13年前にデザイン&製作したポストの現在

先日、お邪魔した埼玉県吉川市の住宅には、新築の際に完成に合わせて、ポストをデザインしました。広い敷地のアプローチの途中に、一本脚で建つ独立ポストです。前から挿入して、後ろから出すタイプです。この家は2世帯住宅なので、ネームプレートは2つあります。ちいさなデコレーションスペースや置き台も設けてあります。

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?の画像

住宅工事現場の大工さんと「旧:染織指導所(現:入間市文化創造アトリエ AMOGO!)の棟梁の関係は?

先日、仕事始めで、飯能で建設中の新築住宅現場に行った時のこと。いつも仕事を一緒にしている顔なじみの大工さんが大工工事を担当している現場なのですが、その大工さんとお話をしていると「こんなお便りをもらったよ」と言って、入間市の文化創造アトリエAMIGO!の名前が入った封筒から、一枚の青いペーパーを見せてくれました。AMIGOからの定期的なお便りのようです。