埼玉県日高市/入間市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

風にそよぐ枝葉を見て「涼」について考える

窓のそとでエゴノキの枝が風に揺れています。暑いので、窓は締め切ってクーラーをつけていますが、枝葉が風にそよいでいるのをみると、やっぱり、なんだか涼しい気持ちになります。

「風鈴」の音を聴いて、涼しい気持ちになる

「風鈴」の音を聴いて、涼しい気持ちになるのは、日本人だけらしいですが、風が涼しいことを何度も経験・学習することで、条件反射として、涼しさを感じるようです。私の年代では、風鈴の音が記憶の中に深く刻まれていますが、最近では、だんだん風鈴の音を聴く機会も少なくなっています。ですから、将来的には風鈴で涼しさを感じない人も増えてくるかもしれません。

枝葉が風に揺れると涼しさをイメージ

また、温暖化でこれだけ気温が上昇してしまうと、「風=熱風」という印象が強くなって、風自体に涼しさをイメージすることも薄れてしまうかもしれません。もしかしたら、緑のある暮らしを経験していないと、枝葉が風に揺れる涼しさをイメージしにくいかもしれません。そうなったら、困るなぁ〜。風が抜ける木陰の涼しさを感じられる「家づくり」をこれからも続けていきたいです。

木を植えると実際(科学的)に涼しい

追記・イメージだけではなくて、木を植えると下記の理由で実際に涼しいのであしからず。

①木が太陽の直射日光を防ぐ
②木が水分を蒸散させることで打ち水効果のようなことが起こる
③熱をため込まないので、周辺の温度上昇が少ない

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句の画像

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

REFACTORY antiquesの店舗で毎月開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらいいなぁと考えて開催しています。3月の「have a LIFE day」は、来週の3/3(日)10:00~17:00開催。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。の画像

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

REFACTORY antiquesの店舗で毎月第1土曜日開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらと考えて開催しています。2月の【have a LIFE day】。暦は、ちょうど立春で、新しい年、早春を感じるような明るい日差しの中、たくさんのお客さんにおでかけいただき、ありがとうございました。

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家での画像

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

玄関の薄暗くて張り詰めた空気や、廊下のよく磨かれた床板(松の柾目)の光の反射、中庭から見える雪やワンコが吐く白い息。奥の台所で料理をつくるお母さんの笑い声や、布団を取りに何度も登り降りした急な階段。この家の空間と、その時、感じた五感は、鮮明に残っていて、たくさんの思い出と直結しています。