埼玉県日高市/入間市の古民家再生・リノベーションは設計事務所/独楽蔵

日高市高麗川で築100年古民家のリノベーション工事が始まりました。

日高市の高麗川に建つ築100年の住宅のリノベーション工事です。住宅の南東側部分にあって、人寄せの客間として使用されている和室の続き間は、現状の空間と機能を維持しつつ、その背面にある空間を現代的な暮らしが営めるLDKと主寝室に改造していくプロジェクトです。

居間や寝室として利用されていた部屋の畳を外すと杉の下地板(荒板)が現れました。黒光りした板がこの家の歴史を物語っています。昔は、養蚕の作業が行われていたそうで、春になると「おかいこさま」のために畳をあげ,仏だんや神棚(かみだな),床の間などに目張りをしたあと,目棚(めだな,おかいこ棚)を組みあげました。

断熱性と耐震性を向上させる

すきま風が入って断熱性のない床部分は、床下に断熱材の現場発泡ウレタンフォーム「アクアフォーム」を施工して、気密性と断熱性を向上させ、床仕上げはフローリングになる予定です。

一部の土壁を解体しつつ、新たに新しい壁をつくって耐震性の向上も図ります。

2階に登るのに急で危険だった箱階段も新しく作り替えて、上り下りの楽な階段に

関連ブログ:日高市の築100年の古民家を残しながら使い続けるための既存建築の調査

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top