約30年経過。ナラの無垢フローリングのメンテナンス

約30年経過。ナラの無垢フローリングのメンテナンス

今日はアトリエのワックス掛け。前日に家具や荷物を移動して、室内は何もない状態にしてありました。朝からプロの業者さんにメンテナンスをお願いしています。

アトリエの床は、ナラの無垢フローリング。出来上がってから、すでに30年経過しているので、傷や狂いはたくさんありますが、定期的にワックス掛けのメンテナンスをお願いしているので、比較的いい状態を保っています。

職人さんに床の状態を伺ったのですが、ところどころ、ワックスの層に水玉状の穴が空いていたそうです。原因は、除菌用のアルコールだそうで、生活習慣の変化がいろんな影響を及ぼすなぁ〜と感じました。

ワックス掛けの作業が終わった床はピカピカ。いつも、家具を戻さず、何も置かずにそのままにしておきたい気分になります。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top