築40年の一戸建て木造住宅 リノベーション 木工事の様子(入間市)

築40年の一戸建て木造住宅 リノベーション 木工事の様子(入間市)

築40年の一戸建て木造住宅リノベーションの現場(入間市)です。既存の不要部分の解体が終わって、現在は内部の大工工事の真っ最中です。

1階部分の既存の床は全て解体して、床下に防湿シートを敷き込み、土台、根太を全て張り替えました。床の下地が完成して、足元がしっかりしたこともあり、部屋が以前より広く感じます。

平面剛性が上がって、床を踏んだ感触も、家としても耐震性が向上したことを感じます。間取りの変更や開口部も大きくなりましたので、室内もかなり明るくなりました。足場が外れて、内装が仕上がってくるとさらに明るくなると思います。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top