築70年の木造住宅 【住み継ぎのためのリフォーム相談】(西東京市)

築70年の木造住宅 【住み継ぎのためのリフォーム相談】

自分で直して暮らす

昨日は住宅のリフォームについてのご相談で、西東京市に行ってきました。築70年の平家の住宅。ご本人のおばあさんがお住みになっていたそうです。

古い建物で、現在はあまり使われていないということでしたが、室内はすっきりと片付いていて、丁寧な暮らしの面影が感じられます。小説家 庄司順三さんの「山の上の家」の雰囲気にも何処となく似ている気もします。

新しいものに置き換えるのではなく、この良さを残しつつ暮らして行きたいということだったので、修繕箇所のチェックや、簡単な改修のポイントをアドバイスしました。

ご自分で出来そうな部分は、DIYで少しづつ手を加えながら、暮らしていってもいいかもしれません。

関連コラム:『庄野潤三の本 山の上の家』家族と家について
関連ブログ:小説家 庄野潤三さんの自邸「山の上の家」に行ってきました! 2019/02/11

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top