ホームインスペクション(住宅診断)のメリット(柏市の築30年リフォーム)

ホームインスペクション(住宅診断)のメリット(柏市の築30年リフォーム)

住宅ローン減税、登録免許税や不動産取得税が減額

柏市の築30年の木造住宅リフォームの現場です。

外部の外壁、鉄部、木部周りの再塗装も終了して、足場も解体されました。建物内部は、クロス、塗装、タイルや畳からフローリングの張り替えなど内装仕上げ工事も終了したので、ずいぶん印象が変わって室内が明るくなりました。

照明は、元々あったダウンライトの穴を利用して、新しく同じサイズのダウンライトに入れ替えました。もちろん、今回は全てLED。30年の経年変化で、古さを感じさせる黄ばんでしまったプラスチックのコンセントやスイッチボックスもアルミ製に交換です。ちょっとしたことで、建物が若返っていきます。

キッチン部分は元々のタイルを解体して、再度、タイルに張り替えです。下地の造作はそのまま利用して、新しくお客さんの好みで張り替えをしました。白のモザイクタイルと壁に合わせた紺色の100mm角タイルです。

以前はホーローシンクで今回もホーロー製のシンクを検討しましたが、国内製の製品は無くなってしまったようです。(以前はtotoでも販売していましたが残念です)コストと耐久性を考えて、今回はステンレスのシンクに・・・。

当日は、ホームインスペクション(住宅診断)の検査があり、無事にクリア。第三者的な立場から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所をチェックする制度で、リフォーム工事に入る前に現場調査を行っていました。

築20年以上経過する木造中古住宅でも、この制度の基準をクリアして、「保険付保証明書」を取得すると、住宅ローン減税だけでなく登録免許税や不動産取得税が減額されるなど、様々なメリットがあるんです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top