【新築 木造平屋の現場(入間市)】庭(植樹+人工芝)&外構工事の打ち合わせ

【新築 木造平屋の現場(入間市)】庭(植樹+人工芝)&外構工事の打ち合わせ

入間市の新築 木造平屋の住宅の現場です。建物はほとんど完成したので、最後に塀や庭周り、植栽などの打ち合わせです。室内には、作りつけのダイニングテーブルが完成していましたので、新しいテーブルを使って、リビンングから庭を見ながら、位置やボリュームを想像しながら、打ち合わせを行いました。

敷地の東側、北側は2方向、道路に面していますので、駐車スペースを除き、塀を設けます。塀の内側は、塀に沿って植栽ゾーンを設けました。お客さんと相談しながら、夏の日差しを遮る落葉樹や道路からの視線を防ぐ常緑樹などを織り交ぜながら、樹木を選定していく予定です。南側の庭は、かなり広いので、一部の植樹スペースを除き、「人工芝」を敷く計画です。

私も庭に人工芝を施行するのは初めてなので、「人工芝」のサンプルを見ながら、植木屋さんに施行方法や、種類の違いを解説してもらって、使う人工芝を選んでいきました。芝の長さや質感によって、数種類ありますが、お客さんはスタンダードな長さ25mmのタイプを選択されました。庭を整地した後、専用の防草シート敷いた上にロール状の人工芝を敷き込んでいくらしいです。本物の樹木と人工芝の雰囲気がどのようになるか、ちょっと楽しみです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top