埼玉県入間市の設計事務所 住宅相談

「暮らし相談デスク at REFACTORY antiques」をやって感じたこと

先週の土曜日(10/30)は、飯能市のアンティークセレクトショップ[REFACTORY antiques]さんの店内の一角をお借りして、リモートワークをさせてもらいました。そのワークスペースは、「暮らし相談デスク」という名前をつけて、普段のデスクワークをしながら、お店にいらっしゃったお客さんの暮らしや住まい、インテリアなどについて、気軽に相談してもらえる窓口になればいいなぁ、と考えました。

仕事の環境を変えると発想や考え方が変わる

当日は、[REFACTORY antiques]の渡辺さんが、お店のアイテムの机や椅子、ブックシェルフなどを使って、雰囲気のあるリモートワークのスペースを作ってくれました。仕事の環境が変わると、発想や考え方も普段と変わってくるような気もします。数日前にwebで告知でしただけでしたので、ホントに相談に来られる方がいらっしゃるのか、わからない部分もありましたが、実際には、数組のお客さまのお話や相談をお聞きすることができました。また、SNSを見て、わざわざ会いに来てくださった方や以前、家を設計させてもらったお客さんが遊びにいらっしゃって、久しぶりにお話ができて楽しかったですし、とても嬉しく思いました。

ライブ感のある偶発的な相談や会話

普段の仕事(設計事務所 独楽蔵としての)では、メールや電話で相談の上、アポイントを取ってから、お客さんとお会いする場合がほとんどなので、先日のような偶発的なお客さんとの出会いや会話は、とても、新鮮な感じがしました。

以前から、独楽蔵のアトリエにいらっしゃるお客様からも、「設計事務所に来るのにはかなりの勇気が必要だった」「暮らしの相談を誰にしていいかわからなかった」「家づくりに関して、何から初めていいかわからない」「工事や設計事務所などの仕組みがよくわからない」などというようなお声があって、お会いしてご説明する際は、なるべくわかりやすい話をするように心がけていました。

「住まいづくり」のはじまりのところの相談場所

今回、「暮らし相談デスク」をやってみて、「住まいづくり」を考える方にとって、なかなか設計事務所に連絡をとって相談するということ自体、とても敷居の高いことなんだと改めて感じましたし、そのハードルを超える以前の段階で、もっと家づくりの初期の段階で、気軽に相談できる場所や機会が必要だなぁと強く感じました。

「暮らしづくり」には人それぞれ、いろいろな選択肢があって、ハウスメーカーさんや地元のビルダーさん、私どものような設計事務所に依頼する場合や、セルフビルドなど、いろいろな可能性をがあることを理解してもらって、そのご家族にあった「住まいづくり」をしていただけるといいなぁと思います。その手助けや助言ができればいいなぁと考えています。

「暮らし相談デスク」はこれからも不定期で、やらせてもらおうと思っていますので、その際はぜひおしゃべりに来てください。(もちろん、事務所のほうに直接、ご連絡してもらうのも大歓迎です。)

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】の画像

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

住まいや住環境にまつわるご相談やアドバイスをしている「暮らし相談デスク」(無料)も、いつも通りのんびり行っています。お住まいの家や庭での悩み、DIYやリノベーション、土地や建築法規、耐震補強、お金のことなど、気になることや不明な点は、お気軽にお声がけください。

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】の画像

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

この家のご家族が、家づくりをしていたのは約3年前。家族はご夫婦2人だけでしたが、今年の年賀状で無事にお子さんが産まれたということがわかりました。先日、連絡をとって、赤ちゃんに会いに、狭山市の家にお邪魔しました。

5月はフィールドに飛び出して「have a picnic day」

5月はフィールドに飛び出して「have a picnic day」の画像

5月はフィールドに飛び出して「have a picnic day」

5月の月1企画「have a LIFE day」は、ゴールデンウィークの真っ只中の5/4(土)。REFACTORY antiquesの店舗を飛び出して、フィールドツアーを開催。東京都青梅市でハーブと野菜の農場を営むlala farm table奥薗和子さん @lalafarmtable の案内で畑を散策し、その畑で採れた新鮮な食材を活かしたPEOPLE @people.jp さんの料理をランチでいただきました。