埼玉県入間市の木造新築/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【新築木造住宅 設計事務所の家づくり】生活者(主婦)目線の薪ストーブのある暮らし

【暮らしnote No.01】

独楽蔵の設計した家に住む生活者目線の気づき

薪ストーブのある暮らしも、気づけばもう十数年になる。最初は、下の子どもがまだ0歳で、慣れない子育てをしながらの火の番は、思いの外、苦戦した。着火に、やたら時間がかかって、焚き付け用の木端(こっぱ)を無駄遣いした。マッチ売りの少女のように、点けても点けても消えていく小さな火を、途方に暮れて見ていた日もあった。

いま薪を足さないと、せっかく点いた薪ストーブの火が消えてしまう、という時にかぎって、子どもの寝かしつけがうまくいかない。まどろむ子どもの、小さな頭の下から、自分の手をそっと抜く。焦ると、たいてい失敗し、寝かしつけの儀式は、また振り出しに戻る。あと少しで、眠りの森に届けることができたはずの子が、ぱっちりと目を開けると、なんとも言えない敗北感に苛まれた。ああ、何もかもうまくいかないと、泣きたい夜もあった。

子育ても薪ストーブも、一筋縄ではいかないけれど、それでもいつのまにか、なにものにも代え難い、日々の営みになっている。子どもはすっかり大きくなり、母親なんかいなくても、ずっと昔から、一人で眠れていたような顔をして生きている。

でも、私が手が離せない時には、器用に薪を足してくれる、逞しさと優しさを持っている。もうそれで、十分なのかもしれない。面倒くさいけれど、手間ひまかけて、付き合えば、ゆっくりと、じんわりと。深いところまで、あたたまる。

writing:maiko izumi

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築のペットと暮らす木造住宅はもちろん、庭づくりや古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

この住宅の完成時の様子はこちら↓
WORKS:【川を感じる有機的な暮らし】 建築士の自邸・高麗川沿いの新築木造一戸建て(埼玉県日高市)

【暮らしnote No.02】生活者(主婦)目線の田舎暮らし
【暮らしnote No.03】

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
コラム TOP