【室内と外部空間の一体化の三角形プラン 広い敷地を有効に活用】埼玉県 設計事務所の住宅設計

室内+庭空間 広い敷地(100坪)を一体化で楽しむ暮らし

JR埼京(川越)線の南古谷駅から徒歩15分。まだ、田畑の多く残る川越市の郊外に建つ広い平地の中の一軒家です。市街化調整地域の特性から、まわりには約100坪の広い敷地を持つ比較的新しい住宅が多く建ち並んでいます。その多くは市街地にある住宅と同じような造りの住宅で、敷地の特性や広々とした敷地や立地が充分に生かされていないような印象を受けます。

① 「家+外空間」の配置計画と住宅デザイン

今回、計画したこの家は、若いご夫婦に小学生の姉妹が2人の4人家族。アクティブで、スポーツやアウトドアライフが大好きなご家族は『家以外の外空間も含めて暮らしを楽しみたい』というお考えで、この敷地を購入されました。そんなお考えが反映できるような家づくりが始まりました。

リビングは、屋根なりの勾配天井で天井の高い三角形の平面プランです。敷地の対角線方向に庭(南側)に向かって大きな開口部を配置。リビングとデッキテラス、庭を一体化して敷地全体をアクティブに楽しむプランです。

リビングの天井は三角の片流れの屋根に合わせた勾配天井。梁の中央に取り付けたシーリングファンが印象的です。

ヒノキの磨き丸太の大黒柱が印象的なダイニング&スタディスペース。リビング一体の階段下は、物影に子どもたちの勉強道具やランドセルを自分たちで片付けることができます。お母さんがキッチン&ダイニングスペースで、家事の全般を行いながら、子どもたちの様子をみることができます。働くお母さんの手助けにもなるスペースです。

② 直径1300mmの円形テーブルと付属のカウンター

直径1300mmの円形のダイニングテーブルには、奥行き450mmのカウンターが付属しています。その長さは約2500mmの長いカウンターです。食事の場所と少し離れた場所で、小学生の姉妹が遊びや勉強ができるように考えました。

③ リビングにランドセルを片付ける場所を

カウンタースペースと階段下は、子どもたちのスタディ&収納スペース。折り返しをつけた物影は、小学生の間は、ランドセルや学校の道具をかたづけておく場所に・・・。

④ オープン階段でリビングと一体化

階段の手すりは、スチールのフラットバー&タモ材の笠木で、存在感を消してすっきりと・・・。

⑤ リビングの天井に雲梯(うんてい)を

ご主人のご要望の一つに、「リビングにトレーニング用の雲梯をつけたい」というご希望がありました。写真の赤い丸棒が雲梯です。トレーニング用ですので、ある程度の距離が必要です。バーの間隔や長さなど、ご主人と相談しながら設置できる場所を考えました。

玄関土間方向から階段、ダイニング方向を見る。雲梯の赤いバーが天井のアクセントになっています。

天井に単純に雲梯をつけるだけでは、リビングが唐突な印象になってしますので、その部分だけ天井を掘り下げて、埋め込むような形で設置しました。

トレーニング用の雲梯(施工中の製作過程の雲梯)

直角の引戸を締め切ると、個室になる和室(小上がり)空間。普段は、リビングと一体で使用することの多い和室ですが、来客の際の客間で使用するときや冬の寒い時期などは、引き戸を閉めて個室として利用することも可能です。

階段を降りたスペースは、ロードバイクの展示スペース。壁は杉の無垢材を目透かしで張りました。ロードバイクやモノを掛けたり、飾ったりしやすくするための工夫です。

⑥ 室内と外部スペースの回遊性のある平面計画と外観

リビングスペースを中心に、その両側に135°の開いた角度で、主寝室(右側)と玄関土間(左側)を配置。基本的には、平屋で生活できるよなプランになっています。2階部分は姉妹の子ども部屋のみ。鳥が羽を開くような平面計画にすることで、この地域特有の強風を防ぐデッキスペースまわりのアウトドア空間を確保しています。

住宅の手前は、玄関ポーチも含めた広いデッキテラスと土の植樹スペース。ご主人は「将来的に森のような環境にしたい」をおっしゃっています。

【新しい杉板(西川材)が、初々しくて眩しい!】 記事はコチラ→

デッキテラスと土間玄関、リビングの関係性。床は墨入りモルタルで仕上げたアクティブな土間玄関。季節のいい時期はリビングと一体でワンルーム。

【ラフでアクティブな玄関土間】
単独の空間として完結する通常の玄関と違って、リビングや外のデッキテラスと一体化するような土間玄関は、やっぱり少し大きめの引き戸で繋がると、空間に広がりがでます。続きはコチラ→

2階:子供室+子供室

約100坪の敷地全体を楽しむ郊外の家 川越の自然素材家づくり