室内と外部空間の一体化の三角形プラン 広い敷地を有効に活用

室内+庭空間 広い敷地(100坪)を一体化で楽しむ暮らし

「家+外空間(アウトドア)」の配置計画と住宅デザインが、一番大事

JR埼京(川越)線の南古谷駅から、徒歩15分。まだ、田畑の多く残る川越市の郊外、広い平地の中の一軒家です。市街化調整地域の特性から、まわりには約100坪の広い敷地を持つ住宅が多く建ち並んでいますが、多くは市街地にある住宅と同じような造りの住宅で、広々とした敷地や立地を生かし切れていないように感じます。

折角、環境を重視して広い敷地を購入したのですから、家と同様に庭を含めた外部空間もよく考えて『家づくり』をしないと、とってももったいないと思います。今回、計画したこの家は、若いご夫婦に小学生の姉妹が2人の、4人家族。アクティブで、スポーツやアウトドアライフが大好きなご家族も、『家以外の外空間も含めて暮らしを楽しみたい』というお考えで、そういった基本のコンセプトで家づくりが始まりました。

敷地の対角線方向に庭に向かって大きな開口部を配置。リビングとデッキテラス、庭を一体化して敷地全体をアクティブに楽しむプランです。ご夫婦とお子さん(2名)4人の若いご家族のための住宅です。

【新しい杉板(西川材)が、初々しくて眩しい!】 記事はコチラ→

【ラフでアクティブな玄関土間】
単独の空間として完結する通常の玄関と違って、リビングや外のデッキテラスと一体化するような土間玄関は、やっぱり少し大きめの引き戸で繋がると、空間に広がりがでます。続きはコチラ→

【天井に雲梯(うんてい)】室内でトレーニングが出来るように・・・

ご主人のご要望の一つに、「リビングにトレーニング用の雲梯をつけたい」というご希望がありました。写真の赤い丸棒が雲梯です。天井に単純に雲梯をつけるだけでは、リビングが唐突な印象になってしますので、その部分だけ天井を掘り下げて、埋め込むような形で設置しました。

トレーニング用の雲梯(施工中の製作過程の雲梯)

関連記事:【オトナの外遊び:小学生の7割以上が放課後に外遊びをしないそうですよ】
関連記事:【断熱材 アクアフォームの施工】
関連記事:【現場で電気関係の打ち合わせ】
関連記事:【川越 住宅 上棟後 約1週間後】
関連記事:【本日、友引、快晴。】
関連記事:【川越市で住宅の地鎮祭がありました。】
関連記事:ロードバイク cervelo 設計事務所のアトリエ

独楽蔵ホームページ TOP
WORKS インデックス

お問い合わせは、こちら