埼玉県入間市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

国立西洋美術館で「ル・コルビジェ展」を見ました

久しぶりに国立西洋美術館。ル・コルビジェ展です。今回はル・コルビジェの建築というよりも、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレが、いかにして「ル・コルビジェ(ペンネーム)」になっていくかという思想的な部分の展覧会で、絵画中心です。

ル・コルビジェの思考の変遷はおおまかに1~3の感じ

1「キュビズム」に代わる新しい芸術運動としての「ピュリスム」の立ち上げ
2「キュビズム」への理解を深め、「ピュリスム」との理念の一致に気づいて、融合
3 幾何学的な秩序の「ピュリスム」の終焉から「人間と自然との調和」へ

でも、今日の展覧会を見て、一番印象に残ったのは、キュビズム時代のピカソの絵です。「ピュリスム」との比較対象として展示されていましたが、コルビジェが時間をかけて到達した思考、「多面的な表現→幾何学邸な秩序→自然との調和」が、すべて、この時点ですでに融合して完成してるんじゃないかと感じました。やっぱり、ピカソはすごいです。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくりの画像

【青梅市釜の淵公園内『旧宮崎家住宅』を見学】埼玉県の設計事務所 青梅市の家づくり

『旧宮崎家住宅(重要文化財)』は、元々、埼玉県飯能市にほど近い、北小曾木村(現:青梅市成木8丁目)の山村にあった民家です。推定築200年。「広間型」と呼ばれる古い型式の間取りを持っている事や、この地方独特の杉皮と茅を交互に混ぜる屋根の葺き方が特徴的な古民家です。東京から埼玉にかけての当時の民家の形態や暮らしの様子がよくわかります。

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』の画像

建築家目線で見る西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』

西武鉄道 新型特急車両 『Laview(ラビュー)』は、建築家の妹島和世さんがデザイン監修をしたことで、話題になりました。車両もよく見てみると、建築家らしい収まりが随所に見られます。細かなディテール部分の収まりなどを、設計者目線でみてみます。

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

横須賀美術館で、「せなけいこ展」の画像

横須賀美術館で、「せなけいこ展」

世代を超えて、共通の話ができる絵本の原画展なので、我が家と同様に、家族3世代で鑑賞していたお客さんも多かった気がします。おばけ関連のグッズも充実で、いろいろ欲しくなります。