ル・コルビジェ展

ル・コルビジェ展

久しぶりに国立西洋美術館。ル・コルビジェ展です。今回は建築というよりも若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレが、いかにして「ル・コルビジェ(ペンネーム)」になっていくかという思想的な部分の展覧会で、絵画中心です。

思考の変遷はおおまかに1~3の感じ

1「キュビズム」に代わる新しい芸術運動としての「ピュリスム」の立ち上げ

2「キュビズム」への理解を深め、「ピュリスム」との理念の一致に気づいて、融合

3 幾何学的な秩序の「ピュリスム」の終焉から「人間と自然との調和」へ

コルビジェの思考の変遷から、出来上がった建築物の変化もよく理解できました。コルビジェの絵もよかったです。

でも、今日見て、一番印象に残ったのは、キュビズム時代のピカソの絵。

「ピュリスム」との比較として展示されていましたが、コルビジェが時間をかけて到達した思考、「多面的な表現→幾何学邸な秩序→自然との調和」が、すべてこの時点ですでに融合して完成してるんじゃないかと感じました。

やっぱり、ピカソはすごいなぁ〜。

あと、常設展もお腹がいっぱいになるくらいあって、これまたやっぱり国立西洋美術館すごいなぁ〜と思いました。