【我が家は大丈夫なの?】レオパレス21の施工不備問題

【我が家は大丈夫なの?】レオパレス21の施工不備問題

世の中で大問題になっているレオパレス21のアパートの施工不備問題。
被害にあった物件は約2万棟にのぼるそうです。

ニュースや新聞を見て「なんだか、壁が小屋裏まで伸びていないことが問題らしいけど、
我が家は大丈夫なの?壁伸びてないし・・・。」
と疑問を感じている方もいるかもしれません。

では、具体的にレオパレス21の施工不備とは何なのかというと
建築用語的には「小屋裏に界壁を施工していない不備」といいます。

ここで問題なのは、「界壁」とはなにか?ということ。
「界壁」とは、共同住宅において、一定の防耐火性能や遮音性能を備えて
各住戸の間を区切る壁のことをいいます。

住戸を区切る壁(界壁)が、室内だけしかなくて、
小屋裏及び天井裏部分伸びていなかったという問題なんです。

ですから、一般住宅については、関係ない問題なのでご安心ください。

ちなみに問題になっているアパートは1996年~2009年につくられた建物だそうです。
現在の建物は、現場での検査機関(あるいは消防)による完了検査で、
「界壁」もチェック(写真の場合もあります)も必ずあるはずです。

近年の建物では、このような問題は起こらないと思います。