【住宅機器のショールームで、見積もりの商品を確認】設計事務所の家づくり

【住宅機器のショールームで、見積もりの商品を確認】設計事務所の家づくり

昨日は、川越で住宅を計画中のお客さんと住宅機器を見に立川のショールームに・・・。メーカーのショールームは、川越にもあるのですが、立川のほうが展示スペースも広くて、実物もたくさんあるので、都合があえば、なるべく立川に行くようにしています。

パナソニック、リクシル、TOTO、タカラなど、各メーカーのショールームが隣接しているのも助かります。

システムキッチン、ユニットバス、洗面台、便器などをすでに見積もりで提出している内容の商品をチェックしていきます。

見積もりの段階では、独楽蔵で、メーカーや機種を選定しません。施工業者さんに、いつも取引しているメーカーのスタンダードな商品を提案してもらっています。何故って、それが一番コストパフォーマンスが高いからです。

その商品をお客さんに確認してもらった上で、お客さんの好みに合わせて、オプションや別のグレード、他社商品などを検討してもらうようにしています。

ショールームには、オプションを含めたメーカーのオススメの商品が並んでいますので、気に入ったモノは、かなりグレードが高くて高い商品でということが良くありますので、目移りしないように気をつける必要もあります。車選びと似ているかもしれません。

この流れが一番、比較検討しやすいのではないかと思います。製品も、年々新しい機能や、改善がありますので、一つのメーカーにこだわることなく、まんべんなくチェックしていくことが大切ですね。

午後は川越に戻って、現場で地鎮祭。

関連記事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。