埼玉県日高市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

氷柱(つらら)出来てました。(高麗川沿の暮らし)

我が家は高麗川沿の崖の上に建っているので、台風や大雨で川が増水した時は、友人や知人が、家が流されているんじゃないかと、とても心配してくれます。一般的に河川のそばの敷地は危険なイメージが強いのですが、地盤として考えると、崖の部分が岩盤なので、普通の土地よりも逆に強度があるくらいです。(高低差の問題は別ですが・・・)意外に思われるかもしれませんが、大きな河川に近い土地や以前、近くに川が存在した土地は、砂利層(玉砂利)だったり、岩盤だったりして、地盤が頑丈な場合も少なくありません。

今朝はとても冷えたので、子どもと崖下に降りて、川の様子を見に行きました。一年を通して、ちょうど家の真下の岩の隙間から清水が湧いているので、春から秋にかけてはサワガニもよく見かけるのですが、今朝は、とても寒かったので、超巨大な氷柱(つらら)ができているんじゃないかと思ったからです。

案の定、氷柱はたくさん出来ていましたが、期待したほど巨大なモノはありませんでした。昨年の暮れから、ずっと雨も降っていないので、清水の水量が少ないのかもしれませんね・・・。

当たり前のことかもしれませんが、毎日、川を見ていると「こんなに雨が降っていないのに、よく河が枯れないなぁ〜」といつも思うのですが、いろんな場所から下がっている氷柱を見ると、山や土壌に蓄えられた水が少しづつ清水として、いろんなところから滲み出している様子が実感として感じられます。やっぱり、自然は偉大です。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP




関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』の画像

【10月の暮らしの相談デスク】は『暖(薪ストーブ)のつどい』

11月の暮らし相談デスクは、11/12(土)です。少し、肌寒くなって、暖房が恋しくなる時期です。「暮らし相談デスク」のテーマは「暖のつどい」。火にまつわるお話をメインに、建築のご相談に対応させていただきます。実際に店内にも、薪ストーブや火のツールなどがあったほうが、いいのではないかと思って、アイテムをお借りできないか薪ストーブの専門店「東京ストーブ(下高井戸)」のショールームに先日、ご相談に行ってきました。「東京ストーブ」さんには、設計した住宅や施設に薪ストーブを導入する際に、いつもお世話になっています。

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』の画像

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

次回の「暮らし相談デスク」は、9/3(土)。今回のテーマは「ものを飾りたくなる壁の仕上げ」についてです。インテリアを考える上で、壁の素材や色は、空間の印象を決める大切なアイテムのひとつです。一般的な住宅の壁は、クロス(壁紙)で仕上げる場合が多いのですが、その他にも、板や合板(ごうはん)、漆喰(しっくい)やタイルにペンキ仕上げなど、さまざまな選択肢があります。今ある壁を少し見直してあげると、より心地よく、自分らしい暮らしの風景が見えてくるかもしれません。