【板金工事 バルコニー笠木部分ディテール】埼玉の設計事務所の家づくり

【板金工事 バルコニー笠木部分ディテール】埼玉の設計事務所の家づくり

埼玉県入間市にアトリエを構える建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)のページです。現在(2020/02/17)川越市南大塚で、新築住宅の工事中です。建物内部では、大工さんの造作工事と電気配線工事が進行中です。

外部は、板金屋さんの屋根、ガルバニウム鋼板張りがおおまかに終了して、現在は、2階の大きなバルコニーの手すりの上部、笠木(かさぎ)部分(一番上の頭部分)を板金で、カバーしていく作業になります。

元々、平板の薄い板(0.35mm)状った、ガルバニウム鋼板を専用の道具を用いながら、折り紙のように折り曲げながら、水が壁内部に侵入しないように組み立てて行きます。

ガルバニウム鋼板の切断や切り込みは、やはり折り紙のように専用のはさみを使用して、カットしていきます。

【板金工事 バルコニー笠木部分ディテール】埼玉の設計事務所の家づくり

2階バルコニー笠木部分の板金を加工中

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP