埼玉県入間市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

【住宅のベタ基礎(一体打ち)配筋の様子】家づくりの現場

新築の一戸建て住宅の建築現場です。現在基礎工事中。最終的には、コンクリート基礎の中に埋め込まれてしまいますが、すでに鉄筋が組み上がっています。コンクリートを流し込む金属の型枠も完成していますので、配筋(鉄筋の並び方)の検査が終わるとコンクリートの打設作業です。

通常は、スラブ(底の床部分)を打って数日経過してから、立ち上がり部分の型枠をつくります。それから、もう一度コンクリート打設という流れで、2回に分けて作業します。この現場では、コンクリートを一回で打ってしまう、いわゆる『一体打ち』を行います。

『一体打ち』は、内側の型枠をスラブ(底の床部分)から150mm浮かして作らないといけないので(浮かさないと型枠がコンクリートに埋まってしまうので)、型枠造りに技量と手間がかかります。しかし、コンクリートが一体で硬化するため、基礎の強度が増しますし、コンクリートの打ち継ぎがなく隙間ができません。ですから打ち継ぎ部分からの水の浸入も防ぐことができる利点があります。なにより、見た目もキレイですし・・・。(ちなみに2回に分けた工法でも強度的には問題ありませんよ)

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP




関連記事

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用の画像

埼玉県富士見市の推定築50年の空き家をリフォームして賃貸住宅に活用

その反面、増加しているのが「空き家」です。日本全国の空き家(賃貸用・売買用・二次利用を除く)は、約350万戸(2018年時点)。その数は全住宅の5.6%にも及びます。今後、2030年には470万戸に増えることが推定されています。空き家の増加は、不動産としての有効活用の機会損失にもつながっている一方、防災、防犯、衛生、景観の面からも、地域に不利益をもたらしています。

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事の画像

【日高市高麗川の築100年古民家リノベーション】玄関土間部分の工事

日高市高麗川の築100年の古民家リノベーションの現場です。18畳ほどある広い土間空間は、そのままの間取りや古材の素材感を生かしつつ、きれいに化粧直しをしていく予定です。

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。