【使えるモノは使う】既存の再利用:建築現場での工夫

【使えるモノは使う】建築現場での工夫

敷地と道路の間に、元々あった高さ1600mmのブロック塀。
たぶん何十年も前に作られたモノで、かなりくたびれていました。

裏側にはちゃんと控えもあって、構造的に大丈夫そうだったので、
邪魔な部分を一部壊しただけで、残すことにしました。

最初の計画を考え直して、現場でより、よくなるように変更することって結構あるんです。

古いモノを壊さずに、再利用するメリットは3つもあるんです。

① 解体するはずだった手間&費用がなくなる
② 新しくつくる塀の手間&費用がなくなる
③ 工事の工期が短くなる

そうです。いいことばっかりなんです。

————————————————————–

敷地内部の部分は、元々塀がなかったので、
同じ高さで新しいブロックを積んで、既存の部分とつなげていきます。
古いブロック塀は、モルタルでキレイに化粧の仕直しです。

目地を入れて、モルタルで仕上げると新しい部分と遜色なくなりました。
建物と同色の白い吹き付けを施すと完成です。