【飯能市の家づくり】建築現場で電気の打ち合わせ

【飯能市の家づくり】建築現場で電気の打ち合わせ

飯能市の新築住宅の現場です。上棟後、約1週間経過して、今日は現場で電気の打ち合わせです。一言で「電気」と言っても、現場で決定することは、照明器具、スイッチ、コンセント、エアコン、TV配線、インターホン、電話、ネット環境、LANなど多岐にわたります。

もちろん、計画の段階である程度想定して設計していますが、実際の建物の中でお客さんと再確認しながら、最終決定をしています。図面だとお客さんにわかりにくいので、その場所で、位置や数などを確認します。配線工事は、これから、断熱工事や内壁が塞がれる前に終わらせないといけません・・・。

電気の中で、近年随分変化してきたのは、やっぱり照明器具のLED化が進んだことではないでしょうか・・・。私は約10年前に自宅を建てましたが、その頃はまだLEDの器具も一般的ではありませんでした。最近は器具の種類も増えましたし、金額もずいぶん手ごろになってきました。

今回もLEDのダウンライトを中心にチョイスしていますが、リビングに使用するダウンライトを調光(明るさを変えることができます)、調色(光の色が電球色から白熱色に変化します)のできる器具に変更しました。