埼玉県東松山市の木造新築デイサービス施設のデザイン

【機能訓練のための庭】東松山市の木造デイサービス新築計画

デイサービス(通所介護)は、利用者さんが可能な限り、自宅で自立した日常生活を送ることができるように、自宅に篭りがちなの孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的としています。施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

利用者さんに気持ちよく過ごしてもらうために

利用者さんが多くの時間を過ごすのは、機能訓練室兼食堂、いわゆるホールスペースです。機能訓練とは、簡単な体操を行うことで、利用者さんの身体能力を低下させないメニューのことです。一人一人の身体機能にあわせながらの運動で、イスに座ったままでできる手首の運動などでも十分に効果がありますし、筋力の低下を防ぐためなのですから、日常生活の延長でおこなうような動作、立ったり、座ったり、歩いたりすることでもいいそうです。

外部空間や植物を使った有機的な機能訓練の場

今回の計画では、機能訓練の一環として外部のデッキスペースくつろいでもらったり、庭に出て、木々や草花に触れてもらうこともメニューの一つになればいいと考えています。室内からデッキスペースにはフラットで移動できますし、さらに庭に近い部分に車椅子でも移動可能なサークル状の遊歩道を整備します。現在はコンクリート打設のための型枠が作られています。今週末に円形の遊歩道が完成すると来週からは、いよいよ庭の植栽工事が始まります。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top