埼玉県日高市の古民家リフォーム/リノベーションは建築設計事務所/独楽蔵へ

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

日高市高麗川に建つ築100年の古民家リノベーション。表(南側)の和室の続き間は客間としてそのまま残して、北側の二間を小ぶりなLDKと寝室に改造しました。小ぶりなLDKは、まさに昔から「茶の間」があった場所。掘り炬燵があって、家族が食事やだんらんなどをするスペースでした。

古民家の場合は、暮らしているのは家族だけではありません。長い間、家や家族を守ってきた神様や仏様、つまり神棚や仏壇をどういう方角で、どの位置にお祀りするのかもとても重要になります。

今回は茶の間にあったダルマや恵比寿大黒様はそのまま残しながら、現代の暮らしの動線にあわせて、家の中心に仏壇を移動しました。

キッチンと居間を緩やかに分離する造り付けのダイニングテーブル

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

完成時のこの住宅の紹介ページはこちら↓
WORKS:日高市高麗川の築100年の古民家 日常の生活空間をリノベーション

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

家づくりのために、現地で物件を見ながら購入のためのアドバイス

家づくりのために、現地で物件を見ながら購入のためのアドバイスの画像

家づくりのために、現地で実際に物件を見ながら購入のためのアドバイス

メールで、土地のご購入を検討されているご家族から連絡がありました。現在、家づくりのための敷地を探している段階で、ちょっと気になっているという物件があるということで、一緒にその物件を見てくれないかというご相談でした。プロの視点から、実際の物件(土地や建物)を見て、客観的にどう感じるかアドバイスがほしいとのことです。

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】の画像

【6月の「have a LIFE day」は6/8(土)9(日)】

住まいや住環境にまつわるご相談やアドバイスをしている「暮らし相談デスク」(無料)も、いつも通りのんびり行っています。お住まいの家や庭での悩み、DIYやリノベーション、土地や建築法規、耐震補強、お金のことなど、気になることや不明な点は、お気軽にお声がけください。

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】の画像

【木の家:家づくりのあと、家族が増えてうれしい】

この家のご家族が、家づくりをしていたのは約3年前。家族はご夫婦2人だけでしたが、今年の年賀状で無事にお子さんが産まれたということがわかりました。先日、連絡をとって、赤ちゃんに会いに、狭山市の家にお邪魔しました。