【薪ストーブで、冷蔵庫に残った正月のお餅を整理】埼玉の薪ストーブのある暮らし

【薪ストーブで、冷蔵庫に残った正月のお餅を整理】埼玉の薪ストーブのある暮らし

埼玉県入間市にアトリエを構える建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)のページです。

冷蔵庫の冷凍室で眠っていた正月のお餅。ちょうど、薪ストーブの火が弱まって、熾火(おきび)になっていたので、焼いて冷蔵庫の整理を・・・。熾火になった炉内に、五徳を入れて、その上に網を引きます。焼き網は、100円ショップで買ったモノの端っこを90°に折り曲げました。奥を折り曲げておくと、載せた具材が落ちなくて助かります。

今回は、ちょっと火力が強すぎて、少し焦げてしまいました。もう少し、熾火になるまで待つか、網を火から離せばよかったですね。

冷凍のお餅も、3~5分程度で、すぐに焼けます。そして、とても美味しい!トーストや練り物を焼いても美味しいですよ・・・。

【薪ストーブでお餅を焼く】埼玉の薪ストーブのある家 日常の暮らし

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP
コラム 薪ストーブ TOP