青梅市の店舗デザイン

青梅市の小さな洋菓子屋さんをつくるプロジェクト(厨房工事)

自宅の脇に建つ車庫を使って、小さな洋菓子屋さんをつくるプロジェクトです。室内の内装工事はもう少しで終了です。今日は厨房機器の搬入がありました。

業務用の冷蔵庫やガスコンロ、シンクなどの調理機器が搬入されます。中でも大きいのが、デッキオーブン。焼き菓子やパンなどを焼くための器具です。数名の職人さんが位置を確認しながらゆっくりと設置していきます。サイズも大きいのですが、重さも1.5tもあるそうです。

テイクアイトのためのカウンターも出来上がってきました。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーションの画像

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション

埼玉県入間市二本木の国道16号線沿い。ロードサイドによくある店舗や倉庫、オフィスなどが建ち並んでいます。道の向こうは東京都。真っ赤な背景に白文字の飲食店、南京亭が目立っています。こっちは白黒で会社のロゴをデザインしたシンプルな看板です。鉄骨平家の建物をオフィスにリノベーション中。

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業の画像

【深谷市の築50年 木造平家の一軒家をリノベーション】解体作業

残りの半分のスペースは住居スペースに改造していきます。まずは解体工事から。不要な壁や天井を解体していきます。壁のパネルを取り外すと中から土壁が現れました。この建物の新築当時のモノだと思われます。土壁の下地に使う細い竹の竹小舞も見ることができます。

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)の画像

ロードサイドのコンビニの建物(鉄骨平家)を有機的なオフィスに改造(リノベーション)

国道16号線の道沿いの敷地、元々、テナントとしてコンビニやすき家などが入居していた駐車スペースの広い敷地の中に建つ鉄骨平家建の建物です。地元の運送会社さんのオフィスとして改造(リノベーション)していきます。建物の骨格は現場を維持しつつ、再利用しながら、建物の外部には植栽のスペースを設けたり、室内は、ドライバーの方々を含めた社員の方々が環境の整った空間で仕事ができるように、スペースや設備を充実させる計画です。