【家づくりその後】毎朝、四季の変化を感じる借景のある暮らし(日高市)

【家づくりその後】毎朝、四季の変化を感じる借景のある暮らし(日高市)

朝、起きるとリビングのロールカーテンを開けて、川の風景を見るのが日課です。朝日が眩しかったり、靄がかかっていたり、毎日違う風景を見せてくれます。

今朝、見ていると対岸の枝の先が少し赤くなって、紅葉が始まっていました。毎年、川筋に沿って赤くなってくるので、風の通り道が見えるような気がします。

日陰の植物たちが高度の低い朝日を浴びて気持ちよさそうです。

WORKS:この家の紹介ページはこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ TOP
ブログ TOP