【床がベタベタのため、フローリング ワックス掛け】木の家のメンテナンス(埼玉県の家づくり)

【床がベタベタのため、フローリング ワックス掛け】

クリーニングとワックス掛けが一度に出来て楽ちん!

我が家は、フローリングの上でもスリッパを履かないので、夏は基本的に素足です。今年の梅雨は、雨続きで湿気が多いですし、日々、子どもたちや犬が砂埃をたくさん持ち込むので、先週くらいから、足の裏で直接、床のベタベタ、ザラザラを感じてかなり不快でした。

ですから、今日は朝からワックス掛けになりました。使うのはフロアー用ワックス『AURO(アウロ) Nr.431』。強い保護効果がありませんので、無塗装のフローリングの一番最初のワックスには不向きですが、メンテナンスではとても使い勝手のよいワックスです。

天然の「クリーニング剤」と「ワックス成分」が配合された清掃用の床ワックスなので、水で30倍に希釈した液で、雑巾掛けを行う要領で、一度、床拭きすると、作業はそれで終わりです。クリーニングとワックス掛けが一度に出来てしまいます。

成分が天然素材なので、動物や赤ちゃんが舐めても大丈夫で。濡れた部分を歩いてもベタつきませんので、乾くまで待つ必要もありません。香りも柑橘系のいい香りなのも、オススメするポイントの一つです。

今日は壁の羽目板やドア、独立柱や梁など室内の木部すべて、雑巾掛けしてしまいました。家族全員で作業すると早いですね。雨は降り続いていますが、作業後は足の裏がスベスベになって、気分がいいです。

WORKS:この家の紹介ページはこちら

独楽蔵 ホームページ TOP
ブログ TOP