木造新築のデイサービス施設(東松山市)の地鎮祭がありました。

木造新築のデイサービス施設(東松山市)の地鎮祭がありました。

昨日は埼玉県東松山市で、デイサービス施設の地鎮祭がありました。出来上がるのは木造2階建ての建物。地元で開所されてから15年になる法人さんの移転に伴う新しい施設です。

① 「福祉」や「老人介護や機能訓練」などは、どうあるべきか?

年初から、お客さんと、「どういった考えで新しく施設を作るのか?」という法人の理念から始まって、「福祉」や「老人介護や機能訓練」などは、どうあるべきか?など打ち合わせを重ねてきました。それがカタチとなって図面になり、設計内容や関係役所の許可申請や届出、工事の内容や予算、工程なども、やっと固まりつつあります。これまで、ウッドショックやコロナ、予算や地盤の問題など、いろいろな諸問題がありましたが、今回は、これまでビックリするほどスムーズに問題をクリアすることが出来ています。昨日は無事に「地鎮祭」を迎えることができて感慨深かったです。

これまで、クライアンさんやその法人の皆様、また工事関係者や関係役所の担当者の方々のサポートやアドバイスなどに助けられてきました。これからも、お力をお借りしながら、工事が無事に終了するまで、関係者のみなさまと約半年、気を引き締めて頑張りたいと思います。

② 雨の中の地鎮祭

昨日は数日前から雨が続いて当日も雨予報でしたので、大きなテントを準備した地鎮祭となりました。当然、雨の地鎮祭を覚悟していたのですが、式が始まる頃には晴れてきたので、ちょっとびっくり・・・。いやぁ・・・、やっぱり順調です。神様に守られているような気もします。地鎮祭の氏神さまにも、感謝と工事の安全をしっかりとお願いしました。

③ 風が感じられる建物(デイサービス施設)をめざして

クライアントの理事長さんに「ここの土地は、いい風が吹きますね」と言われて、本当にその通りだと思いましたし、そんな感性のあるお客さんとお仕事ができて、こんなに嬉しいことはないなぁ・・と感じました。

地鎮祭の最中、祭壇の向こうに栗畑が見えました。青い栗の実がたわわになっているのが見えます。道路を挟んで北側に広がる栗畑の借景です。新しい建物ができても、ちょうど、大きな窓からこの風景を見ることができますし、今日のような風を感じることができる空間になると思います。

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top