重量鉄骨3階建ての一部【オフィス→住宅】のリノベーション(入間市)

重量鉄骨3階建ての一部【オフィス→住宅】のリノベーション(入間市)

『築30年 重量鉄骨3階建てオフィス併用住宅』の3階部分、これまでオフィスとして使われていたスペースです。今回、住居として使用するためのリノベーションの計画を、これまで進めていました。

今日は現場で工事開始直前の打ち合わせです。この計画が始まった数ヶ月前には、スペース全体が荷物で溢れていましたが、建て主さんご家族が、(とっても暑い中)みなさんでキレイに片付けをされて、こんなにスッキリな空間になりました。

床一面に敷かれていたパンチカーペットも、ご自分たちで剥がしてくれたそうで、深いビリジアンの床下から、モルタルをキレイに金ゴテで押さえたライトグレーの床が現れました。改修後は、オークのフローリングになる予定ですが、なんだかこの床のままでもかっこいいような気がしてきます。

来週から解体工事が始まる予定です。

ちなみにこの築30年の建物も独楽蔵で設計させてもらったモノなので、30年の時間か経過して、またお声がけ頂きとてもうれしい気持ちになりました。

独楽蔵 建築設計事務所 TOP
ブログ TOP