埼玉県日高市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

【庭木の剪定】枝の片付けには、ガーデンシュレッダーがあると便利!

最近、自分の中で、植木屋さんの剪定作業を解説するYouTubeを見るのが流行っていて、ずいぶんいろんな動画を見て、ちょっと詳しくなったような気になりました。やり方を教わると、実際にやってみたくなってしまったので、見よう見まねで自宅の庭木を一気に剪定してしまいました。時期的にもちょうどいいですし・・・。

ガーデンシュレッダーはギヤ式がおすすめ!

エゴの木、ヤマモモ、ソロの木、イロハモミジ、シマトネリコ、スダチ、ソヨゴ、ギンモクセイ、ナンテン、みんなずいぶん大きくなっていたので、下ろした枝も大量になりましたが、庭がずいぶん明るくなりました。枝がかなりの量で、片付けが大変そうなので、事務所からガーデンシュレッターを持ち帰って、細かく砕きます。枝の直径が30mmくらいまでは粉砕してくれるので、片付けはこれが一番楽チンですね。砕いた枝の部分は、ウッドチップの代替えとして、庭の通路部分に撒いてみました。

使用したのは『インターファームプロダクツ サイレントシュレッダー LSG-2100』はギヤ式のシュレッダーで、枝にギアが食い込みながら、小さくしていくので、作業がとても楽ちんです。他の製品も使用したことがありますが、これが使い勝手がいい気がします。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

建築設計事務所 独楽蔵 ホームページ TOP
ブログ TOP




関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【埼玉県所沢市の木造住宅リノベーション】リビングにペットのスペースをつくる

【埼玉県所沢市の木造住宅リノベーション】リビングにペットのスペースをつくるの画像

【埼玉県所沢市の木造住宅リノベーション】リビングにペットのスペースをつくる

昨年、完成した所沢市の築35年の木造住宅のリノベーション。写真のわんこ2匹も大事な家族の一員ですので、この住宅は、リノベーションの際に、わんこのスペースも作りました。場所はもちろん、家族が集まるリビングです。

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーションの画像

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

日高市高麗川に建つ築100年の古民家リノベーション。表(南側)の和室の続き間は客間としてそのまま残して、北側の二間を小ぶりなLDKと寝室に改造しました。小ぶりなLDKは、まさに昔から「茶の間」があった場所。掘り炬燵があって、家族が食事やだんらんなどをするスペースでした。