【巣ごもり生活:薪割り作業】日高市の家づくり その後

巣ごもり生活:薪割り作業

土曜日は、少し早めに仕事が終わったので、夕方ちょっとだけ、薪割り。クルマを移動してコンクリートの駐車スペースを利用します。一日中薪割りをし出すと時間を忘れて夢中になって、作業が止まらなくなってしまって、気がつけば、半日、一日経っていたということがよくあります。ただ、最近はあんまりやり過ぎると、必ず翌日、身体(腰)が痛くなる年齢になってきたので、セーブしつつ、ほんの少しだけです。

最近は、チェンソーの混合ガソリンの燃料を2回給油して、それが無くなったら、そこで作業をやめるようにしています。だいたい、1時間くらい。そして、この頃の薪割りの必需品は、腰痛防止の腰ベルトと、切った薪を運んで、もらう息子たち。こどもたちもずいぶん役に立つ年頃になってきて、チェンソーで切った薪を薪置き場に運んでもらいます。作業後に確認すると、隣地との間の塀替わりにしている薪棚も満タンに近く積まれてきました。棚ごとに薪の色がずいぶん違いますが、これは2年モノの薪、1年モノ、今年作ったモノと別れていて、薪の作った時期が違うため・・・。薪ストーブには、なるべく古い薪から使うようにしていますが、古い薪はなんとなくビンテージ感があって、ちょっと残しておきたいような気持ちにもなってきます。なんだかワインみたいでしょ・・・。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP

関連記事

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なりの画像

【思い出の家と新しい家】住空間による記憶の連なり

完成した新居を引き渡す日は、お客さまはもちろん、私にとっても感慨深い瞬間です。なかでも小さなお子さんが、家中を走り回ったり、無垢材の床に寝転がったりと、五感をフルに使って家を楽しんでいる様は、見ているこちらまで心が躍ります。

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』の画像

【第6回 暮らしの相談デスク】テーマは『ものを飾りたくなる壁の仕上げ』

次回の「暮らし相談デスク」は、9/3(土)。今回のテーマは「ものを飾りたくなる壁の仕上げ」についてです。インテリアを考える上で、壁の素材や色は、空間の印象を決める大切なアイテムのひとつです。一般的な住宅の壁は、クロス(壁紙)で仕上げる場合が多いのですが、その他にも、板や合板(ごうはん)、漆喰(しっくい)やタイルにペンキ仕上げなど、さまざまな選択肢があります。今ある壁を少し見直してあげると、より心地よく、自分らしい暮らしの風景が見えてくるかもしれません。

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメ

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメの画像

自宅にバスケットルーム(スポーツルーム)のススメ

この住宅にはリビングに隣接したスポーツルームをつくりました。この家のクライアントが地元のバスケットクラブチームでずっとバスケットをされていたので、バスケットリングを取り付けてバスケットボールができる部屋をつくりました。天井も高いですし、ミニ体育館のような雰囲気かもしれません。