埼玉県日高市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

【リモートワーク】巣ごもり生活:薪割り作業

土曜日は、少し早めに仕事が終わったので、夕方ちょっとだけ、薪割り。クルマを移動してコンクリートの駐車スペースを利用します。一日中薪割りをし出すと時間を忘れて夢中になって、作業が止まらなくなってしまって、気がつけば、半日、一日経っていたということがよくあります。ただ、最近はあんまりやり過ぎると、必ず翌日、身体(腰)が痛くなる年齢になってきたので、セーブしつつ、ほんの少しだけの作業です。

最近は、チェンソーの混合ガソリンの燃料を2回給油して、それが無くなったら、そこで作業をやめるようにしています。だいたい、1時間くらい。そして、この頃の薪割りの必需品は、腰痛防止の腰ベルトと、切った薪を運んで、もらう息子たち。こどもたちもずいぶん役に立つ年頃になってきて、チェンソーで切った薪を薪置き場に運んでもらいます。作業後に確認すると、隣地との間の塀替わりにしている薪棚も満タンに近く積まれてきました。

棚ごとに薪の色がずいぶん違いますが、これは2年モノの薪、1年モノ、今年作ったモノと別れていて、薪の作った時期が違うため・・・。薪ストーブには、なるべく古い薪から使うようにしていますが、古い薪はなんとなくビンテージ感があって、ちょっと残しておきたいような気持ちにもなってきます。なんだかワインみたいです。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP




関連記事

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーションの画像

【昔ながらの「茶の間」を現代のLDKに】埼玉県日高市の古民家リノベーション

日高市高麗川に建つ築100年の古民家リノベーション。表(南側)の和室の続き間は客間としてそのまま残して、北側の二間を小ぶりなLDKと寝室に改造しました。小ぶりなLDKは、まさに昔から「茶の間」があった場所。掘り炬燵があって、家族が食事やだんらんなどをするスペースでした。

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。の画像

2023年1月の暮らしの相談デスクが終了しました。

暮らしの相談では、現在、住宅のリノベーションを検討中のお客様の家で使うための古い木製建具を渡辺さんに見立ててもらって、ご提案したり、他県で住居兼レストランをするための、物件についてのご相談などがありました。「暮らしの相談デスク」では、特に予約は必要ありませんが、時間をかけて相談したいような内容の場合は、事前に時間をお教えしてもらうとお待たせせずに対応できるかもしれません。

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメ

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメの画像

【普段見慣れた暮らしを見つめ直す】中古住宅のリノベーションのススメ

元々は、煤けた土壁でしたが、シックイを塗り直しして、柱や天井をリペアすると、明るく上品な空間になりました。背景が良くなると、古くさく感じていた置物たちも、空間を彩る立派なアイテムに生まれ変わったような気もしてきます。普段、見慣れているインテリアも、少し手を加えるだけで、見間違えるような初々しい空間に生まれ変わります。