埼玉県日高市の新築木造住宅は建築設計事務所/独楽蔵へ

【リモートワーク】巣ごもり生活:薪割り作業

土曜日は、少し早めに仕事が終わったので、夕方ちょっとだけ、薪割り。クルマを移動してコンクリートの駐車スペースを利用します。一日中薪割りをし出すと時間を忘れて夢中になって、作業が止まらなくなってしまって、気がつけば、半日、一日経っていたということがよくあります。ただ、最近はあんまりやり過ぎると、必ず翌日、身体(腰)が痛くなる年齢になってきたので、セーブしつつ、ほんの少しだけの作業です。

最近は、チェンソーの混合ガソリンの燃料を2回給油して、それが無くなったら、そこで作業をやめるようにしています。だいたい、1時間くらい。そして、この頃の薪割りの必需品は、腰痛防止の腰ベルトと、切った薪を運んで、もらう息子たち。こどもたちもずいぶん役に立つ年頃になってきて、チェンソーで切った薪を薪置き場に運んでもらいます。作業後に確認すると、隣地との間の塀替わりにしている薪棚も満タンに近く積まれてきました。

棚ごとに薪の色がずいぶん違いますが、これは2年モノの薪、1年モノ、今年作ったモノと別れていて、薪の作った時期が違うため・・・。薪ストーブには、なるべく古い薪から使うようにしていますが、古い薪はなんとなくビンテージ感があって、ちょっと残しておきたいような気持ちにもなってきます。なんだかワインみたいです。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、オフィスや古民家、中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP




関連記事

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句の画像

3月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』は3/3(日)桃の節句

REFACTORY antiquesの店舗で毎月開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらいいなぁと考えて開催しています。3月の「have a LIFE day」は、来週の3/3(日)10:00~17:00開催。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。の画像

2月の『have a LIFE day(暮らし相談デスク改め)』が終了しました。

REFACTORY antiquesの店舗で毎月第1土曜日開催の企画「have a LIFE day」。身近な暮らしや家族について考えたり、会話をしたり、地域の繋がりや、ものづくりに出逢う場所として、みなさんと共有できたらと考えて開催しています。2月の【have a LIFE day】。暦は、ちょうど立春で、新しい年、早春を感じるような明るい日差しの中、たくさんのお客さんにおでかけいただき、ありがとうございました。

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家での画像

【子どもの頃に感じた家の記憶】帰省した友人の家で

玄関の薄暗くて張り詰めた空気や、廊下のよく磨かれた床板(松の柾目)の光の反射、中庭から見える雪やワンコが吐く白い息。奥の台所で料理をつくるお母さんの笑い声や、布団を取りに何度も登り降りした急な階段。この家の空間と、その時、感じた五感は、鮮明に残っていて、たくさんの思い出と直結しています。