完成した過去の建物をてくてくチェック(埼玉の設計事務所の仕事)

完成した過去の建物をてくてくチェック(埼玉の設計事務所の仕事)

完成してお引き渡しをした建物でも、何年経ってもその後、建物の状態が気になってしまいます。

外部の老朽化の具合や、メンテナンスが必要な箇所などがあるかどうか・・・。

敷地の近くに行った際は、さりげなく車で建物の前を通り過ぎたり、実際にお邪魔してみたりして様子を確認しています。

今日は、駅前の銀行まで用事があったので、歩いて出かけて、少し遠回りしながら、以前お世話になった建物を見て歩きました。

入間市駅前の「金子眼科さん」は、築12年。多少の雨だれの汚れはありますが、全体的に外壁は綺麗です。やはり、タイル、ステンレス、ガルバニウム鋼板などの材料は耐久性があります。セメントパネルの上部の長めの笠木も汚れ防止に役立っています。

また、値段は高いですが、塩ビの縦樋に比べて、ステンレス製は全く劣化しなくていいですね。

WORKS:金子眼科医院(入間市) 竣工当時の様子はこちら

まるひろ前の「KOMATSUYA STEPSさん(テナントビル)」は、築19年。外壁の内側はラワンの縦羽目板です。なるべく雨がかからないように、上部にステンレスの小さな飾り横樋を設けてあります。

このおかげで、経年変化が緩やかになっていると思います。オーニング(電動テント)の雨だれがちょっと気になるかもしれません。

WORKS:KOMATSUYA STEPS 竣工当時の様子はこちら

ユナイテッドシネマ入間の手前にある「テナントハウス area-T-one」さんは、まだ、完成から2年目なので、建物は綺麗な状態を保っています。冬の植栽が印象的です。

WORKS:「テナントハウス area-T-one」竣工当時の様子はこちら

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top