【築20年の住宅の2階リビングに薪ストーブを導入】埼玉の設計事務所のリフォーム提案

【築20年の住宅の2階リビングに薪ストーブを導入】

埼玉の設計事務所のリフォーム提案

以前に独楽蔵で設計をさせてもらった住宅です。久しぶりにお邪魔しました。完成してから約20年経過して、少しリフォームすることになりました。今日はその打ち合わせ。

事務所の小屋裏にある書庫から、当時の手書きの図面を出してきて、寸法をあたりながら検討します。わたしも少し関わっていた図面なので、「当時はこういう収まりをしていたなぁ・・・」と懐かしい感覚もありますし、経験も重ねてきたので、時代を感じさせないスタンダードな納め方でいいなぁと感じる部分もあります。

リフォームのメインは、2階のリビングに薪ストーブを設置すること。工事をお願いする工務店の方や薪ストーブの会社の方にも同席してもらって打ち合わせです。煙突の位置や炎の見え方、薪の搬入経路などを検討しながら、設置の位置を決めていきます。

いろいろなメーカーの薪ストーブのカタログも持ってきてもらったので、機種の種類やその特徴なども説明してもらいました。カタログには、斧やダッチオーブン、銅製のヤカンなどアクセサリーも載っているので、話はそちらのほうに脱線気味です。テントサウナやキャンプ用の携帯薪ストーブなど、知らないうちに商品もいろいろ増えています。

リフォームは薪ストーブの他、木製建具の開口部分や和室などの改修も増えそうです。20年前は、木製の開口部も単板ガラスで、ペアガラスではなかったので、この際ぜひともペアガラスにしたいところです。

独楽蔵(建築設計事務所)ホームページ TOP
ブログ TOP