google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

事件は現場で起こっている(やっぱり)

事件は現場で起こっている(やっぱり)

リノベーションの現場では、表面を解体して構造材にしたときに、はじめてわかることもたくさんあります。

思っていたより、材料が劣化していたり、思わぬ処から柱や梁が出てきたり、逆に無かったり・・・(笑)。

事前に現場調査して、おおまかに把握しているつもりですが、やっぱり図面通りにいかない部分も発生するんです・・・。

そんなときの最優先事項は、「安全=構造(耐震性)」です。

使い勝手と予算を考慮して、お客さんと相談しながら現場で臨機応変に変更していきます。

今回の建物も100年前のモノなので、解体してみて始めてわかったこともたくさんありました。

特に床下廻りは、今後のことを考えて、検討していた以上の補強をすることに・・・。