google-site-verification=RB_w4ef3SXJJEi-9-k0M8x7-c_pO4fsLtCJ6THkgXI8

硬質ウレタン 現場吹き付け断熱材(アクアフォーム)の準備

硬質ウレタン 現場吹き付け断熱材(アクアフォーム)の準備

屋根工事、外壁の下地、サッシの取付、電気の配線工事などが終了すると、硬質ウレタンの現場吹き付け断熱材(アクアフォーム)の吹きつけです。通常の天井に断熱材を敷き込む方法と違い、屋根の部分に断熱しますので、1、2階、小屋裏などの温度差が少ない住宅になります。
 
屋根部分は屋根と断熱材の間に空気層を確保するために、屋根下地の垂木の間に、表面をアルミコーティングして赤外線を反射する効果のある、段ボールのスペーサーを取り付けます。