埼玉県狭山市/入間市の新築木造住宅/リフォームは建築設計事務所/独楽蔵へ

【暑い日が続いたので、先日植えた植木が心配になります】有機的な家づくり

通常、家づくりの最後の段階で、外部のデッキテラスや庭を一緒につくります。その際には、庭に新しく木々を植える場合も多いのですが、家の完成時期が真夏になってしまう場合は、植木屋さんと相談して、植樹の時期を少しずらして、ちょっと涼しくなってからにします。気温が高いと、植え替える木々の負担が増えて、根付かずに枯れてしまう場合もあるからです。

植樹は真夏を避けて

今は、5月で通常であれば全然問題ないんですが、ここ数日は、30度を超える気温が続いたので、先日植えた庭木がちょっと心配なんです。ニュースでは北海道のチューリップもすいぶん枯れてしまったらしいですし・・・。写真は、お客さんのお庭に元々あったジューンベリー。元気です!6月に実がなるのでJuneなのですが、もう真っ赤な実を付けています。自分の家にもジューンベリーほしいなぁ・・・。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら)では、新築の木造住宅はもちろん、庭づくり、古民家や中古住宅のリフォーム、リノベーション、現況調査や耐震補強などのご相談もお受けしています。今、お住まいの住宅で、気になっている部分、ご不明な点や疑問点などあれば、電話やメールなどでお気軽にご相談下さい。

建築設計事務所 独楽蔵(こまぐら) 担当:長崎まで
04-2964-1296 komagura@komagura.jp

完成したこの家の庭の紹介ページはこちら↓
WORKS:庭のリノベーション

独楽蔵 建築設計事務所 ホームページ top
ブログ top




関連記事

【玄関先の『エゴの木』の花が咲きました 2020/05】設計事務所の家づくり

【玄関先の『エゴの木』の花が咲きました 2020/05】設計事務所の家づくりの画像

玄関先の『エゴの木』の花が咲きました 2020/05

門前の「エゴの木」の白い花が満開になりました。ちょっと時期が遅くなってしまいましたが、勢いがついて密集気味の枝を少し間引いたり、下枝を落としたりしてちょっとスッキリさせました。風で擦れて外壁をいためてしまうので、外壁に触れそうな枝も、詰めてしまいます。

【武蔵野の雑木の落ち葉で、落ち葉堆肥づくり2019】設計事務所のアトリエ

【武蔵野の雑木の落ち葉で、落ち葉堆肥づくり2019】設計事務所のアトリエの画像

【武蔵野の雑木の落ち葉で、落ち葉堆肥づくり2019】設計事務所のアトリエ

設計事務所独楽蔵の敷地内には、武蔵野の風情を残す雑木の巨木がたくさん。ケヤキ、コナラ、カシ、エゴ、イロハモミジ、ソロなど樹種も様々。これから、12月に向かって、その木々の落ち葉が、驚くほど落ちる季節になります。庭掃除で、落ち葉を掃き集めると、ホントに山ができるようなすごい量になるので、それをいちいちゴミ袋に詰めて捨てるのは、ちょっと無理かもしれません。一番楽ちんなのは、1カ所に、掃き貯めて、『落ち葉堆肥』をつくってしまうこと。水と米ぬかを加えながら、長靴を履いて、踏み固めると体積も少なくなりますし、火がついて火事になることもありません。ちょうど、一年間置けば完成です。

庭掃除や剪定にガーデンシュレッダー オススメです!

庭掃除や剪定にガーデンシュレッダー オススメです!の画像

庭掃除や剪定にガーデンシュレッダー オススメです!

ガーデンシュレッダーは、大きく分けてギア式と回転刃式の2種類があるようです。今、使っているのはギア式で、大きなギヤ式の刃が枝を内部に巻き込みながら粉砕していくモノ。